もごもごぶろぐ

思ったこととかあったこととか

エンジニアのキャリアセミナーに参加しました

昨日は、母校の文化祭に少し顔を出した後、「5年後のLife Styleを職業から考える〜エンジニアという選択肢〜」というリクルート主催のセミナーに参加させていただきました。

eventregist.com

 

私がこのセミナーに参加した動機は、こんな感じです。

・今の職場でエンジニアがどのような仕事をしているのかよく分からなくて、もう少し「エンジニア」という職について理解を深めたかった。

・ディレクターに向いてないんじゃないかって思いもあって、自分自身のキャリアを見つめ直すにあたっていろいろな人の話を聞いてみたかった。

・IT業界は流れが早いので、たとえば産休や育休をとったとして(今のところは予定ないけど)、復帰後キャッチアップができないんじゃないか、だったら他の業界に早いところ移った方がいいんじゃないか、という迷いが最近生じていた。

 

そんな迷える新卒休職マンの私にとって、今回のセミナーはIT業界(Web業界)へのモチベーションを高めさせてくれたし、改めてディレクターとしてのキャリアの道を示してくれるようなものでした。

IT業界は確かに新しいことがどんどん出てくるし、流れが早い業界なんだけど、やっぱり日々の学びの「積み重ね」が大切なんだな、ということを改めて認識することができてよかったです。

プレゼンターの山崎氏・林氏がそれぞれ「その日・その場の仕事じゃなくて積み重ねの仕事」「産休・育休をとっても、それまで積み重ねてきたベースがあればキャッチアップできる」っておっしゃっていたのがすごく印象的でした。特に今の会社は新しいことにどんどん手出しする社風なので、IT業界の「新しいことをビャーッとやってみる」って側面がすごく強く見えてしまっていたんだけど、IT業界であってもやっぱり仕事に大切なのは「積み重ね」なんだ、と気づくことができました。

そういう視点で現時点での私を見つめなおすと、やっぱりちょっと積み重ねが足りなさすぎるなあと。エンジニアが何をしているのかも分かっていないくらいだもんね。他の仕事をするにしても、あまりにも積み重ねがなさすぎて結局またつまづいてしまうレベルだと思う。

エンジニアになるにあたってどんな勉強をしたらいいかなんてお話も聞けたので、ちょっぴりエンジニアの勉強にも手を出してみて、ディレクターの仕事の積み重ねに活かせればなあと思います。

 

休職して色々考えて、色々な人と話して、転職活動もしてみて、自分の将来の道とか、どういうスキルを何のために伸ばしていこうかとか、何やっていこうかとかが少しずつ見えてきた気がします。

結論は、とりあえず今の会社でもうちょっとディレクターがんばってみて、それから考えよう! って感じなんだけど。

 

そういう意味では、意義のある休職でした。

お金はないけどね!